愛知県退職教職員互助会

よくある質問

退職会員への移行について

■質問現職会員から退職会員への移行は、どうすればいいですか。
■回答毎年、退教互だよりの2月1日号で「退職会員への移行手続き」について詳しくお知らせしています。一度、ご覧ください。
退教互だよりへ

医療補助金の請求について

■質問請求書がなくなったら、どうすればいいですか。
■回答 返送用封筒に92円切手を貼付して、事務局へ請求していただければ、請求書13枚をお送りします。
■質問証明は月の途中で切ってもいいですか。
■回答証明は月の途中でなく、月の最終受診分までまとめて証明いただけると大変助かります。
■質問領収書添付の病院の領収書をなくしてしまいました。どうすればいいですか。
■回答領収書がない分は補助できませんので、大切に保管しておいてください。
■質問医薬分業の場合、薬代は請求できますか。
■回答請求できますので、薬局で証明をしてもらってください。
■質問いつまでさかのぼって請求できますか。
■回答請求の有効期間は、請求書の事務局到着日前1年以内です。満1年を超えたものは請求できません。
■質問請求してから、どれくらいで送金されますか。
■回答毎月20日までに受け付けた分は、翌月の20日頃に登録いただいた銀行口座に振り込みます。送金通知はいたしませんので銀行でお確かめください。
■質問扶養家族の医療補助は受けられますか。
■回答退職会員と配偶者会員を対象としています。
■質問介護保険扱いのものは、請求できますか。
■回答できません。医療保険扱いのもののみ対象です。
■質問銀行口座を変えたい時は、どうすればいいですか。
■回答その旨、事務局にご連絡ください。特に様式はありませんが、「変更される金融機関名・支店名・口座番号・名義人名」を明記して、医療補助金請求書とともに事務局に送付してください。なお、「ゆうちょ銀行」もご利用いただけます。

※医療補助金請求書の記入等については、請求書裏面の注意事項をよくお読みいただき間違いのないようにご請求ください。また、創立40周年記念事業の一環として平成21年2月に配布しました「退教互利用の手引き」もご活用ください。

|ページの先頭へ戻る| |トップページへ|