- 退教互の事業|愛知退職教職員互助会

退教互の事業

年間スケジュール

令和2年度 退教互の一年
事業 期 日 案内方法等 内 容
事務局人事異動 7月1日    
あいち退教互だより
146号発行
7月1日 現職会員:各学校へ
退職会員:自宅へ郵送
※ 退教互に関わる事業等の案内・連絡が掲載されています。必ずお読みください
新退職会員
親睦連絡会
7月11日(土)
7月18日(土)
7月21日(火)
7月26日(日)
7月号にて案内
本人には5月末までに案内状を送付
・新退職会員を対象
・内容:事業の概要説明、主に医療補助金給付
・会場:ルブラ王山、岡崎市民会館、豊橋商工会議所
(参加費:無料)
第26回
教職員囲碁大会(※)
8月7日(金) 7月号にて案内
(折込みにて開催案内を送付)
・日本棋院中部総本部で、名人戦(5段以上)・段位戦・級位戦の3階級に分かれて対局
・参加費:2,000円
・各階級の優勝者は、1月に東京で開催される全国大会に県代表として参加する。
第49回
文化財めぐり(※)
8月25日~27日
(2泊3日)
2月号にて案内
(折込みにて旅行案内を送付)
・「名古屋発着」、「豊橋・岡崎発着」
「水庭にたたずむ佐川美術館と但馬の小京都・出石城下町。そして、情緒あふれる城崎温泉への旅」
・会員には、8,000円の補助
現職の新会員加入者へ「退教互バッグ」を配布 9月下旬 各単組の福対部長を通して各学校へ配布 ・今年度現職会員として入会された新会員への記念品として配布
あいち退教互だより
147号発行
11月1日 現職会員:各学校へ
退職会員:自宅へ郵送
※退教互に関わる事業等の案内・連絡が掲載されています。必ずお読みください。
第43回
海外研修旅行(※)
A団
11月21日~27日
B団
12月24日~30日
7月号にて案内
(折込みにて旅行案内を送付)
・A、Bの2団で実施
「音楽・芸術に親しむ、美しい街並みや建造物に囲まれた中央ヨーロッパの旅」
~ポーランドとチェコ・オーストリア7日間~
・会員には、15,000円の補助
新会員(現職)の募集 令和2年11月1日~11月下旬 11月1日付けで、校長・分会長・組織共済担当者宛、依頼文書及び新会員加入届等を送付
各単組の福対部長を通して募集のポスターを配布
・来年度中に30歳になる人及び本年度中の採用者で30歳以上の人が対象です。
※この機会を逸すると、特別の理由がない限り加入できません。
事業説明会・講演会 1月13日(水)
1月16日(土)
1月20日(水)
1月23日(土)
11月号にて案内 10月~12月の各地区の校長会を通して案内文書を配布 ・退職予定者を対象
・内容:退職会員への移行手続き、退教互の事業概要等の説明、及びセカンドライフプランについての講演
・会場:ウインクあいち、岡崎市民会館、豊橋商工会議所、県教育会館
※退職前後の各種手続き等、重要な連絡をするので、退職予定者はぜひご参加ください
育児休業・無給の休職者の報告 令和3年1月下旬~2月上旬 1月中旬送付 ・来年度の会員原簿(会員の掛金納入状況が分かるもの)作成のために報告を依頼
※報告者(無給の人)は、C口座で掛金の引き落としができなくなるので、掛金納入の依頼をするために報告が必要
※振込みで一括納入される方が多い
あいち退教互だより
148号発行
令和3年
2月1日
現職会員:各学校へ
退職会員:自宅へ郵送
※退教互に関わる事業等の案内・連絡が掲載されています。必ずお読みください。
人間ドック募集 令和3年2月1日~2月15日 2月号にて案内
(折込みにて募集案内を送付)
・県内の指定する12医療機関にて実施予定
・優先年齢順位及び先着順1,500名程募集
・受診期間:4月~翌年2月末まで
・会員には、10,000円の補助
年度始めに伴う事務取扱いのための報告 令和3年4月上旬 4月1日付けで、校長・分会長・組織共済担当者宛に報告用紙を送付(できれば3月中に送付) ・人事異動で所属の異動があっても、給与振込みでC口座の開設者は、自動的にコンピュータが処理するので報告は不要
★《掛金登録表》→給与振込対象外の方(育休者・無給の休職者・個人振込者)は4月中旬までに報告を。
★《各教育機関への転出・転入者の報告》→4月中旬までにFAXにて速報を。
退職会員への移行 令和3年4月1日~4月30日 2月号にて案内
事業説明会にて連絡
「届出用紙」は、校長・分会長・組織共済担当者宛に3月末までに送付
・退職会員届を満45歳以上の現職会員であった年度末退職者の前勤務校へ送付する。
【 選択肢 】
(1) 本人・配偶者が退職会員・受給資格配偶者になる。
(2) 本人のみが、退職会員になる。
(3) 退会する。
★(1)・(2)の場合は、「退職会員届」を4月末日までに提出する。
★(3)の場合は、「退会届の用紙」を退教互に請求し、4月末日までに提出する。
※退職会員になるには、この機会しかありません
退教互会員原簿の送付 令和3年5月下旬までに 各学校(分会)へ直送 ・各学校(分会)の会員の掛金納入状況をお知らせするもの
第9回
定時評議員会
令和3年
6月中旬
・本年度の事業・決算報告、次年度の予算、事業計画及び役員について審議する。
退医療補助金給付 年間を通して ・毎月20日までに退教互宛へ請求された分は、翌月の20日頃に個人口座に振込む。
個人振込み期間の報告 年間を通して ・育休予定者・無給の休職者・個人振込み希望者は1か月前までに報告する。
・報告様式は、組織共済担当者に届けてある。
生活資金貸付 年間を通して ・1人2口(1口50万円)まで
・年利率 1.5%。

※令和2年度はコロナ禍により中止になりました。